« 現在 | トップページ | ic乗車券 »

長野旅行記

先日長野県の東信地方に行ってきました。
その途中いろいろな走行音を収録したので紹介していきます。
とりあえず上田から静岡まで乗った列車の走行音を順番に紹介していきたいと思います。
ファイル細部が大きいのもあります。

まずはしなの鉄道115系です。
しなの鉄道115系
しなの鉄道は長野新幹線開業に伴って分割された鉄道です。
元は信越線のためさまざまなところで面影が残っています。
発車メロディーも車掌が乗車する場合使用されています。
このファイルはワンマン運転時のもので、115系であってもかなり改造してあります。
ドアチャイムの設置や自動放送の設置、さらには外にスピーカーを設けてあり案内と発車ベルがなるようになってます。

次に乗車したのは小海線です。
ここで少々予想が外れてしまいました。
本来の運用はキハe200系なんですが、小諸駅に停車していたのは1110系でした。
中に入って車掌さんに聞いたところ、どうやら車両故障で動かすことができなかったようで、急遽変更したそうです。
走行音は信濃川上から野辺山間です。
ずっとノッチが入りっぱなしで巣。途中乗客のでかいくしゃみが入ってしまいました。
キハ110系

次は中央線です。
こちらはよくある115系です。
小淵沢から竜王までなので30分ぐらいあります。
 中央線115系

そして最後に乗車したのは特急藤川です。
これは373系という車両で普通から特急までいろいろな種別で活躍しています。
ミノブセンは特急でものんびり走っています。カーブも多いです。
373系走行音

追記
もう一つ走行音をアップしました。
 373系走行音 (14440.8K)
この走行音は甲府雪富士か和合のものですが、カーブや購買を上っているためスピードはあまり出ていません。

さてこの記事はこのへんで終わりにします。

|

« 現在 | トップページ | ic乗車券 »

コメント

後あkら聞いてみようかな。

投稿: gqs | 2007年12月24日 (月) 15時18分

>gqsさん
まあまたゆっくり聴いてね。

投稿: 管理人 | 2007年12月24日 (月) 19時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224569/16813875

この記事へのトラックバック一覧です: 長野旅行記:

« 現在 | トップページ | ic乗車券 »